class="page page-id-146 page-template-default custom-background"

公益社団法人 愛知県獣医師会は、獣医学の普及、獣医師の向上等を目的としています。

社団法人 愛知県獣医師会 お気軽にお問い合わせ下さい。 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目7番9号 TEL 052-961-3435
HOME > 食鳥検査センター
食鳥検査センター
公益社団法人 愛知県獣医師会食鳥検査センターの仕事
鶏肉は食肉の中では最も消費量が多く、国民一人当たり年間12.6Kgを超える量(平成27年度食料需給表)を消費している重要な食品です。
鶏肉などの食鳥肉の生産から消費までの各段階で獣医師がかかわることで、食鳥肉の安全を守っています。
生産段階に対しては、鶏の病気の発生予防や伝染病対策に家畜保健衛生所の獣医師や開業の診療獣医師がかかわり、流通段階では保健所の獣医師などの食品衛生監視員が目を光らせています。
そして、生産段階と消費段階との間に位置する大規模の食鳥処理場においては、「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」に基づいて、愛知県獣医師会に所属する20数名の獣医師が検査員として1羽ごとに検査し、合格したものだけを出荷するよう厳しいチェックをしています。 愛知県獣医師会食鳥検査センターの仕事
獣医師会が行う食鳥検査とは?
鶏、あひる、七面鳥は、法律によって大規模の処理場では獣医師による検査を受けなければ流通させることはできません。
この検査は、多くの都道府県等では直接自治体の職員である食鳥検査員が行っていますが、愛知県内においては、愛知県獣医師会が愛知県、豊橋市及び岡崎市から委任を受けて実施しています。
これは、愛知県獣医師会が、技術的な面や公正さの面から信頼性があるとして食鳥検査を行う指定検査機関として指定を受けていることによるもので、食品の安全を確保するための重要な役割を担っています。
食鳥検査の流れ
1.生体検査 1.生体検査
鶏などの食鳥が食鳥処理場に搬入されると、まず病気などの異常がないか生体の状況を検査をします。
異常があると判断された食鳥は、処理することはできません。
矢印
2.脱羽後検査 2.脱羽後検査
次に、羽毛を除去した後に脱羽後検査を行います。
体表を中心に異常がないかを検査して、異常があれば内臓の摘出を禁止し、廃棄処分とします。
矢印
3.内臓摘出後検査 3.内臓摘出後検査
続いて、内臓や体の内側に異常がないか検査します。
異常が見つかれば、全部あるいは異常のあった部分を廃棄処分とし、合格したものが次の加工工程へと送られます。

その後の加工工程では、ささみ、胸肉、もも肉などに分けられたのち、出荷されて店頭に並び消費者の元へと届けられます。

●食鳥検査の実績
「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」が平成2年に制定され、2年後の平成4年から検査制度がスタートしました。
愛知県獣医師会は、スタート当初から食鳥検査の業務を行っています。
過去10年間の検査実績は表のとおりです。
年度 食鳥検査羽数 内  訳
ブロイラー 成 鶏
19年度 12,556,779 6,058,982 6,497,797
20年度 13,533,542 6,428,793 7,104,749
21年度 13,424,119 6,645,757 6,778,362
22年度 13,079,539 6,611,325 6,468,214
23年度 14,286,337 6,887,324 7,399,013
24年度 14,486,412 6,893,340 7,593,072
25年度 14,717,591 6,861,636 7,855,955
26年度 15,455,445 6,830,381 8,625,064
27年度 14,731,106 6,361,269 8,369,837
28年度 15,012,206 6,456,675 8,555,531
※ブロイラー:短期間で出荷できるよう改良された食肉用若鶏の総称をいう。
※28年度は、あひる15羽を含む。
※成鶏:卵を産ませる期間を終えて出荷される雌鶏
公益社団法人 愛知県獣医師会食鳥検査センターの紹介
愛知県岡崎市に食鳥検査センターの事務所と検査室を置き、6か所の食鳥処理場の検査室に検査員を派遣しています。
愛知県獣医師会食鳥検査センター
●指定検査機関の名称及び所在地
◆名称 公益社団法人愛知県獣医師会食鳥検査センター
◆所在地 愛知県岡崎市美合町字並松1番73
◆指定 平成4年3月18日 厚生省生衛第209号
◆建物等 敷地面積・・・ 1,059㎡
建物・・・鉄筋コンクリート平屋建 延べ268,8㎡
あひる
●食鳥検査センター組織図
食鳥検査センター組織図
●食鳥検査センター地図
食鳥検査センター地図
◆東名岡崎インターから4キロ
◆名鉄美合駅から1キロ、徒歩15分
●食鳥検査センター平面図
食鳥検査センター平面図
●食鳥検査員の派遣食鳥処理場
食鳥検査員の派遣食鳥処理場 
①丸トポートリー食品株式会社(ブロイラー)/ 豊橋市牟呂町字扇田14番地
②合資会社鳥文白井商店(成鶏)/豊橋市岩屋町岩屋下62番地
③株式会社丸文牧野商店(成鶏)/豊橋市三ノ輪町2丁目128番
④六ツ美養鶏加工協同組合(成鶏)/岡崎市上青野町字城屋敷7番地
⑤株式会社奥三河どり(ブロイラー)/犬山市字南大橋45番地の2
⑥株式会社マルセ(ブロイラー)/田原市神戸町大坪240番地
●食鳥検査センターの検査室
岡崎市にある食鳥検査センターでは、
細菌検査や病理組織検査などの設備が備えられており、
精密検査を行っています。
また、県内食鳥処理場の衛生対策向上のため、無償または実費程度で食肉等の細菌検査を行っています。
食鳥検査センター本所の検査室
このページのトップに戻る